Scince2002.6
尾道水道

 

会長スローガン “1人の100歩より全員の1歩 足並み揃えて 45” 〜We Enjoy〜

 


 

2018.7.1〜2019.6.30
会長 木村 啓祐

 

会長挨拶

 

 このたび尾道みなとLCの第46代会長を拝命致しました。私自身6年前(40代)に続いて2度目の拝命となります。
 1917年に生まれたライオンズクラブは昨年100周年を迎え、新たな次なる200年に向けてスタートしました。これに伴いクラブ会則及び付則が改正され、 クラブの委員会の有り様が若干変更されています。まだまだ我々末端には浸透していないのが現状で、混乱することが予想されますが、整合性を逸脱しない限りは独自の制定が認められていることから、継続するところは踏襲し、 変えるところは時間をかけて順応し、会員への周知に努めていかなければなりません。
 一方例会については「Your Club, Your Way」(あなたのクラブは、あなたのやり方で)の気運のもと、会員の意見を尊重し、服装を含め独自な自主的な運営を進めていきたい。
 運営に関して言えば、昨今の会員数の減少で少なからずライオンズを愛する者が残り、心中複雑ではありますが結果的には風通りが良くなり、和気あいあいとアットホームな雰囲気となりました。しかし、会員数の減少から理事会が委員会を代行したり、委員長一人が孤軍奮闘したりで、本来の委員会活動が殆んど休止状態になっております。
 今期はこの良い雰囲気を継続しながらも、委員会の役割を徹底し、委員会活動を以前のように活発にしていこうと思います。そして会員1人1人が運営・事業に邁進できる環境作りをしていきたい。
 奇しくも、来年3月にはチャーターナイト45周年を迎えます。ささやかながら、3月には周年大会を開催する予定です。少人数ではありますが会員全員が心を一つにし足並みを揃えて成功裡に終わらせたいです。
 最後に、浅学非才ではございますが、6年前の経験を生かして地域・世代に対する価値ある奉仕活動を模索し、その活動を通してクラブ員が連帯し多くの感動と楽しさを共有していきたい。そして、地域におけるライオンズクラブの認知度を高め、我々の活動への関心と理解を広げることにより、新会員招請に繋げていきたいです。  

 

姉妹クラブ(全国みなと同名ライオンズクラブ)
留萌みなとLC・釧路みなとLC・小樽みなとLC・函館みなとLC・秋田港LC・酒田みなとLC・
富山みなとLC・敦賀みなとLC・横浜みなと馬車道LC・横浜みなとマリンLC・
横浜みなとみらいLC・清水みなとLC・豊橋みなとLC・名古屋みなとLC・四日市みなとLC・
舞鶴みなと LC・境港LC・八幡浜みなとLC・北九州門司みなとLC・長崎みなとLC